納得の燃焼室状態!

現在耐久性の確認も含めてテスト中のALIENTECH ECU「STAGE3」でセットアップしたシビックTYPE-R(FK8)、エンジン燃焼室内を内視鏡検査しました。

画像はピストンのトップサークル(上面)です。

アンバランスなセットアップの場合、燃焼室内は異常燃焼を起こしてピストントップはクレーターだらけの月面の様相となりますが、画像を見る限りその痕跡が皆無な状況でした。

エンジン設計や数々のレーシングエンジンを手掛けた弊社渡邊も、納得の燃焼室状態でした。

詳しくは、こちら→http://www.alientech-japan.com/cat-blog/815


40回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。