LSDオーバーホールの話:「LSD特有の現象」と諦めていませんか? コレ、致し方ない状況ではありません!!

先日オイルメーカー様からのご紹介でFF車のLSDオーバーホールを行いました。

こちらのユーザー様は長らく使用していたLSDをオーバーホールしたことで強烈な作動音を発し出してしまい、ステアリングへのキックバックも含めてその乗り辛さにお困りでした。

トランスミッションオイルで改善を図ることをお試しでしたがおクルマをご入庫頂きその症状を当店で確認し、オーバーホール作業後僅かな走行距離でしたが当店で再度オーバーホール作業を行いました。

先日作業が完成しご納車したところ、早速インプレッションを頂きましたのでご紹介致します!


「お電話でも話しましたが、凄く良いです。

コーナーで舵角を決めてから軽くアクセルを当てるとすぐに車が安定しますし、曲がろうとします。また、立ち上がりで踏み込むと、しっかり引っ張ってくれる感じで、効きもは申し分ないです。

もちろん、バキバキしませんね。

信号で停止状態から左折するとき、不用意に踏み込むと、バキバキ言う代わりに、タイヤが「ガガガ」となります。しっかりロックしてる感じです。

(今回はLSDと共にシフトフィーリング改善を目的に、決して高価ではないミッションオイル2種類をブレンドして投入しました)

シフトもカチッとした感じで、良い感じです。FFの緩いシフトリンケージを調整したか、シフトゲートを切ったように各速にカチッと入ります。好みはあると思いますが、私はこのタッチは好きです。

2→1も渋みもなくカチッと気持ちよく入ります。(今まで使用していた)2倍以上価格が高いオイルよりも良い感じです、、、。


愉しい車になった感じがします。本当にありがとうございました。」


LSDの装着やオーバーホールを期に、”バキバキっ!”という作動音と共にステアリングにキックバックが出たりと操作し辛く、音も含めて扱い辛くなってしまっているおクルマのユーザー様、それは「LSD特有の現象」と諦めていませんか?

これ、致し方ない状況ではありません!!

しっかりと調整処理の手間を掛けて取り付けることで、高ロックトルクを維持しても作動音は限りなく抑え込むことが出来ます。

特にFF車の場合はハンドリングに大きく影響するので、お困りの方はご相談下さい。

プロフェッショナルな作業をご提供致します。




76回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示