SSTオーバーホール20211002.jpg

こんな使用過程車は要注意!

心配

◎ミッションオイルの定期的な交換を怠っていた。

◎スポーツ走行を「ノーマルモード」でよく行う。

◎一般道を「Sスポーツモード」で走行する。

◎一般道で「Sスポーツorスポーツモード」でよくマニュアル操作を行う。

上記のような走行を行うと耐久性能維持の要「SSTフルード」が高温高負荷状態になり、過度なクラッチ摩耗(場合によっては焼付き)を起こしトラブルが発生します。

チェックランプ点灯

TC-SSTの主なトラブル症状事例

 

●発進時にもたつくスムーズに発進しない。

●変速時にガクガクする

 (ジャダーが起こる)

●変速時ショックが大きくなった。

●上り坂で発進時に下がる事がある。

●シフトアップが正常に行われない。

コルトスピードのこだわり作業

​①ウェットブラスト作業

取外したミッションは環境に優しい重曹を用いた「ウェットブラスト」にてケース外面を洗浄し、蓄積された汚れを除去します。

​②クリーンルームにて作業

​温度管理された精密組立専用のクリーンルームにて作業致します。

​③消耗部品を交換

​各部の点検&清掃を行いながら、クラッチやバルブボディなどの主要な消耗部品を交換します。

SSTオーバーホール20211002-2.jpg

コルトスピード

「スペシャルメニュー」

​①内部ストレーナ交換

一般的に入手困難なトランスミッション内部のフルード用フィルター(ストレーナ)を新品へ交換致します。

​②センサーNo.1を強化品へ交換

​不具合防止の要のひとつとなる「シフト段数センサー:No.1」を、純正の樹脂製から高耐久性の金属製へ交換します。

​③センサー強化取付

​シフト段数センサーすべての取付を強固な接着へ変更致します。

​コルトスピードのTSC-SSTオーバーホールメニューでは、純正ミッションのウィークポイントもバッチリフォローしています。

SSTオーバーホール20211002-1.jpg