こんな使用過程車は要注意!

心配

◎ミッションオイルの定期的な交換を怠っていた。

◎スポーツ走行を「ノーマルモード」でよく行う。

◎一般道を「Sスポーツモード」で走行する。

◎一般道で「Sスポーツorスポーツモード」でよくマニュアル操作を行う。

上記のような走行を行うと耐久性能維持の要「SSTフルード」が高温高負荷状態になり、過度なクラッチ摩耗(場合によっては焼付き)を起こしトラブルが発生します。

チェックランプ点灯

TC-SSTの主なトラブル症状事例

 

●発進時にもたつくスムーズに発進しない。

●変速時にガクガクする

 (ジャダーが起こる)

●変速時ショックが大きくなった。

●上り坂で発進時に下がる事がある。

●シフトアップが正常に行われない。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • さえずり
  • YouTubeの

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。